読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここにタイトルが入ります

デザイン&プログラミングのことも書くし、それ以外のことも書く。

【ruby、Rails】pry-stack_explorer:Pryでstackの確認や階層の移動ができる!

ruby Rails dev-tips

以前にもPryについて書いたりしてるのですが、
本当Railsアプリのデバッグではお世話になりっぱなしですm(_ _)m
過去のpry関連エントリ


また便利なgemを教えてもらったので記しておきます。
「pry-stack_exploler」というgemです。


〜お世話になっております〜
pry/pry-stack_explorer · GitHub


Rails(というかRuby)ってメタプログラミングとかでなんでも書けちゃうし
処理がどこからどこに移ってるかわからないことが多いですよね。
このviewテンプレートはどこから呼ばれたのかとかこのメソッドはどこに定義してあるのかとか…


しかしこのgemを使えば、スタック(処理の階層?)が確認できて、
さらにメソッドの呼び出し元だとかに移動できてしまうんです!!


使い方は簡単。
pry-stack_explorerをgem installだったりbundlerでインストール。

pry起動中にshow-stackでスタックが確認でき、
upやdownで階層を降りたり上がったりできます。


おそらく色々な機能(コマンド)があると思いますので
詳しくは本家wiki等で確認してみて下さい〜