読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここにタイトルが入ります

デザイン&プログラミングのことも書くし、それ以外のことも書く。

システムエンジニアとデザインエンジニア(Webデザイナー)の協業について。

開発とかその他

あるサービスを立ち上げた時のお話です。

デザイン担当と(サーバー側)プログラミング担当の仕事の進め方(分け方)

今までのやり方

今まで携わってきたプロジェクト(Webサービス作成)では

  1. デザイン担当(いわゆるWebデザイナー)がデザインを作成
  2. デザイン担当がhtml/cssでコーディングする(静的ページを作る)
  3. プログラミング担当がそれをアプリケーション側に反映させていく

 (例えばRailsだったらデザイン担当の作ってくれたやつを元にviewをhamlで書いていく、
  Jsもプログラミング担当が書いていくなど)

 →ソース管理はデザイン担当とプログラミング担当で別々
 →基本的にjsはプログラム担当の領域

という形で進めていました。

今回のやり方

ただ今回は、

  • 期間が短い
  • 私(デザイン担当)がサーバー側の仕組み・プログラム(Ruby on Rails)もある程度わかる
  • ソースが2つあるとか二度手間…?

ということで、

  • ソースは一元管理(git,gitlab)
  • プログラム担当が作ったデザインが整えられていないソースに、デザイン担当がコーディングしてデザインを作っていく

 (今回はhaml/sassで書きました)

  • jsはサーバー側プログラムに依存するものはプログラム担当が、ほぼviewだけで完結するもの(ドロップダウンとかモーダルウィンドウ表示とか)はデザイン担当が実装(CoffeeScript)
今回の進め方で良かった点
  • ソースの管理が楽
  • プログラム担当がいちいちhtmlをアプリケーションに当てる手間がなくなる
気になる点
  • 先にページの骨格?(表示するデータ等は揃っている状態)を作っておいてもらう必要がある

  →このページには商品一覧とリコメンドを出す、みたいなことを決めておいてプログラム担当にページを作っておいてもらい、その後でデザイン担当がデザインを整えていくイメージ。

  • やっぱりプログラムわかってないと辛い場面が多々ある

  →今回ならRuby(on Rails)わかってないといちいちプログラム担当に質問しなくちゃ進まなそう。単純にhamlやsassがわかっていればサクサク進められるかというとそうでもないね…

  • jsが予期せぬところで悪さしてたり、テスト通らなくさせたりプログラム担当に迷惑をかけることしばしば…

 →かといってデザイン担当がプログラム(テスト)ガッツリ書くのも違うと思うので、レビューをしっかりプログラム担当にもしてもらうとかだろうか(特にjsとか)。

思ったこと
  • 今回はRuby on Railだったので大体実装方法が分かっていたが、他の言語、フレームワークになった時に今回みたいな進め方できるかどうか不安。

 →そのたびに勉強する必要がある?

  • 小さく早く作ってリリースするなら無駄な成果物やコミニュケーションも発生しないのでいいとは思った。
追記

開発終わったあとで気がついたのですが、とても参考になる記事が!
Gitを使ってのデザイナーさんとプログラマさんの協業の方法でした。
もっと早くに読みたかったな^_^;

〜とっても参考になりました!〜
Gitを使ったデザイナーとプログラマの協業について話してきた #P4D #phpcon2013 - 納豆には卵を入れる派です。