読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここにタイトルが入ります

デザイン&プログラミングのことも書くし、それ以外のことも書く。

プログラマーからWeb(UI)デザイナーになった時に読んでよかった本。

web design book

プログラマーからWeb(UI)デザイナーになってもうすぐ1年です。
まだまだ一人前には遠い気がしますが、最初デザイン業を始めるにあたって
参考になった本をまとめておこうと思います。


私と同じように新しくWebデザイナーとして働き始める人の参考になれば、と思います(´∀`)
(今後も追加していくかも)

デザイン(レイアウト)の基礎を学ぶ

ノンデザイナーズ・デザインブック [フルカラー新装増補版]

ノンデザイナーズ・デザインブック [フルカラー新装増補版]

これはあらゆるところで紹介されてますよね。
Webデザインって要は情報の整理、情報の見せ方を考えることだと思うのですが、
デザインを考える取っ掛かりとなる基礎基本がわかりやすく解説されています。
まずはこれ。

レイアウト、基本の「き」

レイアウト、基本の「き」

Webというより紙のデザイン中心の本なのですが、
人に情報をわかり易く伝えるためにはどういうところを意識して、
どういったところにこだわりを持ってデザインを考えるといいかの参考になりました。
実際にWebデザインいくつか作ってみたけど、なんか今ひとつな気がする…と思い始めた時に読むのがいいんじゃないかと。

デザインツールの使い方を学ぶ

これは主にadobePhotoshop(とIllustratorDreamweaver)を使って、実際にWebデザインを行っていく方法を学べる本なのですが、
とにかく丁寧。めちゃめちゃ丁寧。
入門にぴったりです。

私は最初Webデザインを始めた時はFireworksを使っていたのですが、もうアップデートされないことが決まったのでPhotoshopに乗り換えようと思いこの本を読みました。

余談ですが、Webデザイン用ツールとしては個人的にはPhotoshopよりSketchの方がおすすめなのですが(安いし操作しやすい)、
日本語の入力で少しおかしくなることがあったり、英語だから最初はちょっととっつきにくかったりするので、
まずはPhotoshopを使うのがやはり無難な気がしますね。
ネット上にもたくさん情報ありますし。

(2015/10追記:Photoshopでデザインいいね、と以前は思っていましたが試しにIllustrator使ってみたらphotoshopより操作しやすいじゃん…と思いはじめて乗り換えた今日このごろです)

コーディングを学ぶ

CSS、いざちゃんとしたプロジェクトで書き始めたとき、
最初からある程度設計を考えておかないととてもメンテし難いソースになってしまいますよね。
CSS設計について教えてくれる本。

CSSをもっと楽に便利に書くことができるSassを解説している本。
Sass(Compass)って便利な機能?がめちゃめちゃ多いので、
Sassを使う前にざっと目を通しておくといいと思います。

この本初めて読んだ時に「これ知ってたらもっと簡単に書けてたのに…!」って思った機能が山ほどありました。

最新の情報を学ぶ

Webデザインに関する最近の流行、すでに当たり前になった技術などタイトル通り最新常識が
幅広くまとめられていて、とても勉強になりました!
Webディレクターさんなんかにもお勧めですね。

2014年9月に出た本なので、1〜2年したらもう最新ではなくなってしまうでしょうが。

その他

センスは知識からはじまる

センスは知識からはじまる

この本では「センスとはだれでも手にできる能力であり、生まれつきのものではない」ということが
繰り返し書かれています。

私もそう信じてWebデザイナーに転身したので、この本にはすごく力をもらいました。
未経験からデザインを始める人、みんなにおすすめです!