読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジンジャーエール買って

デザイン&プログラミングのことも書くし、それ以外のことも書く。

東急ストアのセルフレジUI

思ったこと

最近自宅近くの東急ストアにセルフレジが登場しました。
正確にいうと「セミセルフレジ」というものらしく、バーコードの読み取りは店員さんがやってくれて支払いをセルフレジで済ますというもの。
小売店で最近増えているらしいですね。

ルフレジのUI

完全にうろ覚えですみませんですが、上から順に並べると

  1. ディスプレイ(タッチ可能)
  2. レシート出力(&確かこの横にカード入れるところがあったような…違うかも)
  3. 硬化を入れるところ
  4. お釣りが出るところ
  5. 紙幣を入れるところ

みたいな感じでした。

つらい

操作(ユーザーの行動)順と使用する部分を照らし合わせると、

  1. 現金払いかカード払いかを選択:a
  2. 代金を入れる:c, e
  3. お釣りを受け取る:d
  4. レシートを受け取る:b

となります。
(カードで支払いしたことないので↑は現金支払いの場合)

…お気づきでしょうか。
このレジ、操作部分の並びがユーザーの基本となる行動に全く沿っていないため、次にどこを操作してよいか非常にわかりづらいんです。。

あと特にひどいと思ったのが2。
硬化と紙幣を入れる部分が離れているため、初めて使ったときに硬化を入れたあと「紙幣はどこに入れるん??」ってめっちゃ迷ってしまいました。

普通は「お金を入れる部分」「お釣りを出す部分」ってUIの分け方すると思うんですけど、おそらくハードの構造上「硬化を扱う部分」「紙幣を扱う部分」って分け方するのが楽だったのかなーと推測しています。

レシートがお釣りの近くから出ないのも戸惑いましたが、レシートはカード支払いの場合も必要なのでここになったんでしょうね。
一番下でもいいような気がしますがこれもハードの問題でしょうか。

まとめ

まったく関係ないけど紙のクーポンとか独自のポイントカードとかなくしてくれたら嬉しい。